natural garden~       shueの庭いじりと日々の覚書き

shuemay.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おでかけ( 57 )

昼食はバンコクに戻って、
CHATRIUM HOTEL Riversideにて。

c0112206_23022279.jpg

  
 
 36階にあるレストラン、シルバーウェーブスです。

c0112206_23052563.jpg


チャオプラヤ川の素晴らしい景色を望むことができます、
というのはこの記事を書くにあたって
調べたからわかったこと。 
 

c0112206_23063157.jpg

 
 
お店に入ると高級そうな雰囲気を感じました。
パッと見、中国人の人がいっぱい・・みたいな。 
 

c0112206_23063899.jpg

 
それもそのはず。
旅のしおりにには「飲茶をおたのしみください」と書かれてまして、
なんでタイに来て飲茶なんだろ?と。
 
 

c0112206_23064773.jpg

  
 
ま、それは2日目の昼食に日本料理のお店につれていかれたときにも思ったんだけどね。
  
 

c0112206_23065292.jpg

 
  
景色が良いとはいえ、やはり川の色がね。
夜はきれいなんだろね~~。
 
 
お料理は飲茶食べ放題。

c0112206_23071313.jpg

  
普段なら目を輝かせる私ですが
タイに来てから小食ぎみ。
ほんと、悔しいほど食べられないのです。
なんでだ~~~~?!
 
  

c0112206_23071853.jpg

 
  
なので、今回もジュースで勝負!

c0112206_23072583.jpg

 
バナナスムージー。
 
 
うまし♥



エレベーターガール様なり。

c0112206_23215238.jpg

 
 バンコクで最高の中華レストラン、ということでした~~~
 
 
   
   
CHATRIUM HOTEL Riverside ~Silver Waves~ 
  
 
 

 
 
 
 
.


[PR]
by maybe_k | 2018-10-10 22:51 | おでかけ | Comments(0)

8月5日、午前のメインは
ダムナンサドワク水上マーケット!!
  
運河を上っていくための船着き場に到着です。
ホンモノサイズの象さん『模型』がお出迎え。
c0112206_23223376.jpg

 
わたしたちの乗る、小型ボートがやって来ました。
屋根ありタイプのお船です。
c0112206_23224494.jpg
 
 
乗り込んで、いざ出発~~!! 
c0112206_23225681.jpg
  
 
おお、ココナッツ!!
c0112206_23233413.jpg
 
 
 
運河自体は穏やか。
でも、お舟お舟ですからね。
揺れますよ~~~
c0112206_23230850.jpg
 
 
川沿いは生活の場。
c0112206_23232068.jpg
 
 
お花を飾っている家もある。 
c0112206_05400738.jpg
  
  
 
デッキを設けている家もある。
c0112206_05410309.jpg
  
 
 
でも・・・雨季は浸水するんだろうなぁ。
c0112206_05444367.jpg
 
 
  
  川幅のある場所はそこそこ波だち、ちょっと怖い。
けど、興奮してるから遊園地のアトラクションなみに楽しい!!
c0112206_05443580.jpg
 
  
あまり深くないのか、ときどきゴツンと船底に衝撃が。  
c0112206_05442660.jpg
 
 
 こんなご立派な家もある。(もしかしたらお店かホテルかも?)
c0112206_23235595.jpg
 
  
 ここでいきなりSTOP。
どうも「仏像を見なさい」、というスポットらしい。
この地域の寺院かな。
c0112206_23234352.jpg

 
 
   

c0112206_23232068.jpg
 
エンジンボートなので、ぶっ飛ばされます 。
スリルがあって、わーわーきゃーきゃー♥
c0112206_23251070.jpg
 
でも、気を付けなければならないことは、
アホみたいにお口を開けて喜んではいけないのです。
水しぶきがお口に入るかもしれません!!
 
 
見ての通り、見事な色の運河です。
日本では考えられません。
お口には常にタオルをあてておかないとね。笑 
   
 
ちょっと恐怖だったのは、至る場所に蛇の絵に
「コブラ」と書かれた看板があったこと。
 川の中にコブラがいるの?とびびりながら乗っていました。
万が一、落ちたら、
こんな汚い川だけでもイヤなのに、コブラまで・・・?
 
ガイドさんが乗っていないので、たしかめようがなく。
  
 
いろいろ想像しつつも、マーケットまでの約30分の船旅は愉快、愉快。
  
 
 
およよ。
そろそろ目的地なのか、お船同士が近くなってきました。
c0112206_23243801.jpg
 
 
わーい!!マーケットがみえてキター!
c0112206_23242030.jpg

 
 
おおおー!!
これぞ、土産の宝庫ぢゃっ!(興奮MAX!)
c0112206_23244894.jpg

 
 船の渋滞の始まり~~~込み合ってきましたよぉ。
 
(エンジンの廃棄ガス、臭いですぅ)
c0112206_23243112.jpg
 

  
 
運河でも大渋滞。
隣の船と完全接触!
c0112206_23245811.jpg

お舟に乗るときの注意事項!
お船の縁を持ってはいけません。
手はお船の中に入れておくこと。
さもないと、こういう接触時に指がチョン!となっちゃうことがあるのです。
 
 
c0112206_23252673.jpg
 
船頭さんたちの激しい小競り合いもあり~~。
(何を言っているのかわからないけど)
我先に!と他所の船を押したり蹴ったり。
船降り場の運が交差点、渋滞、喧噪、異国感たっぷり!
 
 
私たちの乗ったお船の船頭さん、
なかなか前に進めません。
気が弱いのか、と思いきや、女の船頭さんだったらしく(後で知る)
立場が弱いみたいです。
 
ガンバレ!タイ女性!!
 
 
我先に・・・というのは、お客を降ろしてから
また船着き場に戻って次のお客さんを乗せるため。
たくさんこなせばそれだけ収入になるからね。
みんな必死なのですよ。
 
  
c0112206_23254049.jpg

  
  
  
お舟から降りて、大渋滞の現場を撮影。
私たちのといは、もーっとたくさんのお船が交差してました。
c0112206_23262424.jpg

 四方ともにこんな状態。
 
c0112206_23263472.jpg

 
さぁ、待ちに待った観光time!
 
現地で必ず食べてくるように!と言われていたフルーツを!
ガイドさんが頼んでくれました。

c0112206_23265359.jpg

 
 ああ、肝心のドリアンを食べてしまってから撮影。

c0112206_23271655.jpg


ドリアンは息をしないで食べるとおいしい♥
左の赤いもじゃもじゃはランブータン?
まん中がマンゴスチン?、一番右側はポポーだったはず。
 
1トレー250バーツ。
4人で分け分けして、ちょうどいい量でした。
(冷たくないのが残念だけど、タイでたべた♥ということが大事。
 
 
そしていよいよお店巡り。
しかし、しかし、しかし。
ここはなかなか恐ろしいところでございました。
 
見てると叔母さんが寄ってきて、
買え、買え、買え、の猛攻撃。
ノーといって立ち去ろうとすると、先回りして進路をふさいで
買いくらなら買う?と超ひつこい。 
(ちなみに日本語で)
 
それでもいらない、といって去ると、後方から罵声。
すんごい迫力なのです。
 
そんなものだから、そそられる雑貨屋さんがたくさんあったのに
友が皆スタコラサッサ。
 
私はどうしても象の置物が欲しくて
つい、立ち止まって見てしまったが最後。
四方から子供や叔母さんが電卓を持って取り囲まれてしまい、
ノーノーといっても食い下がってくるし、
挙句に小さな子供が涙目で訴えてくるし。
 
どうしようもなくて、適当につかんだ象さんがコレ。
c0112206_23393393.jpg
 
可愛いからいいんだけどさ。
もっと楽しく選びたかったわ。 
 
ほかにも好みのものがたくさんあるエリアだっただけに
すんごく残念。
 
そうこうしてると、先に行ってしまった友が
私が来ないものだから心配して探しに来てくれました。
なんとなく危険漂う空間だったわー。
 
 
そしてこの店並みをでたところで、
運河でみた「コブラ」の意味が分かったのでした。
それは「コブラ」ではなく
ニシキヘビのショウ。
 
黄色と普通のニシキヘビを体に巻く男の人が
おいで、おいでするのです。笑
さすがに見ることは平気でも、自分の体に巻くなんてことはできまへん!
 
 でも、黄色のニシキヘビ。
初めてみたので、ちょっと感激。
(友人は蛇嫌いで、泣いてしまったけれど)
 
 
と、せっかくのショッピングタイムは
全く写真がありません。
買ったのも「象」さん1つ。
 
ちょっぴり残念なマーケット巡りでした。
(心残りがあると、リベンジしたくなりますね~~~)
  
  
  
  
  
 
 
 .


[PR]
by maybe_k | 2018-10-06 00:01 | おでかけ | Comments(0)

ひさしぶりのランチ

土曜日の出勤日。
やってらんねぇ~~~!は嘘ですが
同僚と駆け足ランチ。 

c0112206_22353894.jpg
 
 
雑貨屋さんと併設のお店。
ゆっくりできないのが残念!

c0112206_22354955.jpg
 
 
 
好みの衣服も・・・チラ見だけ。
c0112206_22360182.jpg
 
 
 
夜は夜で懇親会。
c0112206_22361501.jpg
 
 
外ご飯、幸せ~~~~♥
 
 
 
 
 
 
 
 
.
 



[PR]
by maybe_k | 2018-09-29 22:40 | おでかけ | Comments(0)

連日の就寝時刻は深夜2時前後頃。
モーニングコールは6:00。
そして8月5日(日)は朝の7:30、ホテル出発。

どこを走っているのかわからないけど、
見える街並み、風景を。

c0112206_20333440.jpg

 
 
タイの電線、すごーい。
どれが何の線かわかるのかな? 
   
 
朝はどよよーんとくもり空。 

c0112206_20332525.jpg


 
 立派な建物。
必ず写るごちゃごちゃ電線。

c0112206_20342944.jpg

 
  
 ん?田んぼ?

c0112206_20381883.jpg

 
  
 ん?
乾田? 

c0112206_20382501.jpg

 
  
 そして現れた道端のお店。
白い袋はお米? 

c0112206_20311847.jpg

 
  
 
地元の人が買い出しにきてます。 

c0112206_20313538.jpg


 白い袋はお米ではなくて、お塩。
塩田だったのね~~~!

   
  
ちっちゃい踏切。
電車の絵がかわゆい♥

c0112206_20350299.jpg


  
  
線路脇まで住居。
線路上に屋台が並ぶスポット? 

c0112206_20354020.jpg

 
 
そしてトイレ休憩のため、ココナッツファームで停車。
20分のトイレ休憩&お土産散策。
本来の目的地である水上マーケットまでは
トイレができないのでここで済ませるようにとのこと。
  
 
無料トイレと有料トイレ(5バーツ)があって、無料トイレは行列。
20分しか時間がないので有料トイレを使用。
 
この有料トイレ、掃除のおばさんが待機していて
チップを手渡すと、トイレットペーパーをちぎって手渡ししてくれます。
きれいなんだか、そうでないんだか・・・何もかもが微妙です。笑
 
 
トイレを済ませた後はわずかな時間でファームのお土産を物色。。
バス中でガイドさんが、ココナッツシュガーは買うべし!といっていたので
まずはココナッツシュガーを探すも見当たらず。
 
 シュガーというから、さらっさらの砂糖と思い込んでいたからで
実は製造中の釜の前を行き来してました。苦笑
 


 ココナッツシュガーは1袋500g。60か70バーツだったかな?
小片を試食してみたら、美味しかったので2袋購入♥
日本の黒糖のような感じでした。
 
 
時間があればもっと見て回れたのですが、
なにしろ水上マーケットがメイン。
あわただしくファームを後にしたのでした。
 
 
つづく 
 


 ココナッツファーム
 
 
  
 
    
 
 
 
 
.


[PR]
by maybe_k | 2018-09-26 22:48 | おでかけ | Comments(0)


8月4日(土)、本日のスケジュールの最後は
『ワット・プラシー・サンペット』。
アユタヤ観光には外せないスポットらしい。
 
そこで、バス移動の中で添乗員さんから、ある提案が。
 
昨夜の想定外の大渋滞で迷惑をかけてしまったので
最後の遺跡見学は『象』に乗っての観光・・・というもの。
 
 いかがでしょうか?
と言われて、誰が異を唱えましょうか?!
満場一致で『象』さんに乗る ことになりました!!
 
象さん待機場所。
c0112206_21232864.jpg

 
 
30cmほどの至近距離。
おらに乗れ、と鼻を振ってアピールです。
c0112206_21234238.jpg

 
順番が来るまで、象さんが興奮しないことを祈るばかり。 
c0112206_21011362.jpg

  
 
 さて、乗り方はというと
象の背の高さに合わせた2階建てのデッキから、背に載せた椅子に2人1組で座ります。
c0112206_21021236.jpg

 てっきり、象の背中をまたぐのかと。笑
ちくちくしていたかったらどうしよう・・・と悩む必要はなかったのでした。
 
 
 

乗ったゾー! 

c0112206_21282627.jpg

揺れるのなんの。
最初は振り落とされるかも、とキャーギャー大騒ぎ。
 
 
女子には小ぶりの象があてがわれました。 
 
重くなかろか?
ごめんよ、象さん。
 


  
道路も歩道も象さん優先。
糞があるのは当たり前。
 
不思議と匂わない象の糞。 
c0112206_21292715.jpg


 
突然立ち止まって、歩道にいる人にパオーパオー。
象使いの知り合い?
かなりの時間、パオーパオー。
子供泣いちゃうし、私たちは何がどうなっているのかわからないし。

c0112206_21041629.jpg

 
 
 止まってる間に、追い抜かれました。
 

c0112206_21091873.jpg
  
 
 反対車線からもやってきた。
道路を横切ろうが、車を止めようが、
象さまが最優先!
 
c0112206_21175316.jpg
 
 
 
 象渋滞。

c0112206_21044648.jpg


 
 
仲良しこよし。
象ぞろぞろ。

c0112206_21153616.jpg



象使いさんが何やら話しかけてきたけど意味不明。
きよとん、としてたら指をさしてカメラポーズ。
 
なるほど、あれを撮れということね。
で、これが
『ワット・プラシー・サンペット』。
なるほど~~~~

  
これが象の背中に乗っての遺跡散策ってことね。

c0112206_21034328.jpg

 
で、なにやら象が鼻を持ち上げ威嚇?!
ではなく、「撮影スポットを教えたんだからチップ頂戴♥」の芸でした。
 
渡すまで鼻をパオーパオーするので、
急いで渡す。
でもパオーパオー。
2人乗っているので、1人ずつチップを渡さないといけないらしい。
 
象さん、賢い。
上手に鼻でチップ(お札で20バーツ)を取って、象使いさんに渡します。 
  
  
  
こんな立派な牙を持った象さんもいました。
私たちの象の1.5倍くらい大きい(高い)ので、けっこうスリリングな高さだと思います。

c0112206_21050710.jpg


 
 
到着して降りるときにも「チップ、チップ!」です。
そりゃあもう、渡しますとも!
 

c0112206_21054579.jpg
  
 降りて「ありがとうー!」と言ったら、
パオー!と挨拶してくれました。
気のせいか、微笑んでくれてるような・・・。
 
象サイコー!

 

 こちらは象と一緒に記念撮影をする場所。

c0112206_21065399.jpg
 
 
 
 
どこぞのマダム、チャレンジです。

c0112206_21072754.jpg
もちろん、料金必要デス。 
 
 
 喉が渇いたのでアイスクリーム。 
c0112206_21213768.jpg

こんなところで買って食べての大丈夫?
はい、ぜんぜんOK!
めっちゃ美味しかったデス。 
 
うほっほ。

予定に入っていなかったエレファント・ライド。
感無量♥のひとときでした。
 
 
 
つづく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.
 
 

 
 
 

 
  
 
 


[PR]
by maybe_k | 2018-09-09 23:34 | おでかけ | Comments(0)

8月4日(土)現地遅刻15:45.
『ワット・ヤイ・チャイ・モンコン』からバスに乗り込み
『ワット・プラ・マハタート』へ移動です。
 
 道路標識では『ワットマハタート』。

c0112206_13431279.jpg

 
 
 

c0112206_13432230.jpg

 観光地そのものよりも、こうした普通の風景の方が異国を感じます。
10分足らずの移動です。
  
 
まずは模型で遺跡全体像の説明をうけます。
いまはこの姿は無いに等しい、という悲しい戦争を物語る遺跡を
これから目の当たりにします。

c0112206_13463496.jpg

 

最初につれられていった場所がこちら。
アユタヤ遺跡を世界に知らせるきっかけとなった仏さまです。
大きな菩提樹(ぼだいじゅ)の木の根が
仏さまの頭を絡ませ伸びていきこの姿に。
c0112206_14042158.jpg
 
たくさんの観光客のスキをついて、ナイスな1枚を撮れました。
ほんとはこの場所に来るのが怖かったのです。
ガイドブックで顔がとっても大きく写され不気味に感じていたから。
 
でも実物は想像したよりもずいぶんと小さなお顔。
菩提樹の根の巨大さ・・・とても厳かな印象を受けました。
  
  
この場の記念撮影で、気を付けなければならないことは
『仏様の顔よりも自分の顔を低い位置で写すこと』
上から目線は厳禁!ということです。
  
 

そんなわけで撮ってもらった1枚がこれ。
お見事なアングル&場所確保でしょ。笑
 
c0112206_13535179.jpg
   
  
 
c0112206_13464532.jpg
 
 
 

c0112206_13471316.jpg
 
 
 
 
c0112206_13494973.jpg
 
 
 


c0112206_13472277.jpg

 
 
 
c0112206_13502477.jpg
 
 
 
c0112206_13490237.jpg
 
 
 
c0112206_13505190.jpg
 
 
空は雲があってピーカンではないけれど陽射しは強し。
でも木陰はとっても気持ちがいいの♥



この地の〆はポポ?!
 
c0112206_13520079.jpg


 
 
至るところに犬が倒れています。
嘘です。
寝ています。
 
暑くて動きまわるのが億劫なのでしょう。
撫でたくなりましたが、ここはタイ。
万がイチがあっては旅に水を差すことになりかねません。
こらえて写真だけにしておきましたが、
ふと、里心が目覚めてしまいました。
 
 
つづく
 
 
 
 
ワット・プラ・マハタート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.
 



 


[PR]
by maybe_k | 2018-09-09 14:45 | おでかけ | Comments(0)

8月4日(土)
昼食を終え、いよいよ観光の始まりです。
ちょっぴりトラブルがあって、2時間遅れの現地時刻15:00です。
   
バスを降りて目に入ったのが、カラフルなトゥクトゥク。
おお。タイだー!と気分高揚♥
 
c0112206_22334663.jpg


  
  
このだらり~ん、と下がる枝・・・なんの木でしょうね。

c0112206_22331829.jpg

 
 
お土産屋さんだ、わ~い♥
(しかし時間押せ押せで、見学後は即バスへ。見るだけもできず・・・泣) 

c0112206_17401512.jpg


 
 
 入り口でござい。

c0112206_17390642.jpg


    
 
 

c0112206_22335871.jpg


 
     
 

c0112206_17482895.jpg


  
 ワット・ヤイ・チャイ・モンコンはお坊さんのために建立した寺院。
オレンジの袈裟を来たお坊さんになる学生さんがたくさんいらっしゃいました。
 
お坊さんが降りてくる階段を、これから上ってゆきます。

c0112206_22373319.jpg



 
 
最上階には井戸のようなものがつくられていて、
コインを投げて、下にあるバケツ?に入ったら、願いが叶うのだそう。

c0112206_22454923.jpg


 
ここでガイドさんからひと言。
「必ずタイの通貨でお願いします。日本円はダメです。」
 
要は日本通貨はタイでは使えないので、やめてください。ってことなのです。
 いっぱいチャレンシしようと、10円玉をしこたま握っていた自分。
見透かされました。笑
 
この時点では、まだタイのコインをあまり持っていないのです。(お札ばかり)
貴重なコインでチャレンジした結果は、ひらひら~~と横に落ちました。 
 
  

c0112206_22471309.jpg


 
 
 

c0112206_23073399.jpg



 
 
 

c0112206_22470067.jpg


 
 
 

c0112206_23052285.jpg


 
 
 

c0112206_17523687.jpg
 
 

c0112206_17523090.jpg


 
 
 本尊の黄金の釈迦仏。
靴を脱いで蓮の花やろうそくをお供えし、
膝間づいてお参りします。
日本とおなじね。

c0112206_22473283.jpg

 

 
 写真撮影に夢中になってしまい、ここでご一行様とはぐれてしまいました。
きょろきょろするも、発見できず。
あちゃー。
こういうときは、動かないのがよい。
きっと誰かが現れるハズ。
 
せっかくなので現地人を観察。
 そして、日本と似たことしている現地人発見!! 

c0112206_22475477.jpg


仏様の身代わり像?に金箔を貼っています。
日本のお寺でも、線香の煙を寄せたりお札を貼ったりすることと
似てるなぁ、と思いました。
  
 そうこうしているとご一行様、現る。
このご本尊の裏にも見学する場所があったらしく、
皆、そこに移動していたそう。
で、その場が唯一この地で冷房が効いていたそうで、くつろいでいたんだって。
  
  
見学の帰路は、パワースポットといわれている涅槃物へ。

c0112206_22480883.jpg



ちょうど新しい黄金(黄色)の袈裟を交換していました。
 
この涅槃物や仏様たちがまとっている黄色の袈裟は全部寄付なのだそう。
どれも皆きれいで、不潔感ナシ! 
  
 
ろうそくや、花びらなどのお供え。

c0112206_22483157.jpg


 
 
  なにやら涅槃仏の足の裏に人だかり。

c0112206_13205243.jpg


 
 
 

c0112206_13210886.jpg



 
 
 足の裏にコインを貼って願い事をするんだって。

c0112206_13210196.jpg



 
 
 ちょっとグロイ多肉ちゃん。

c0112206_22481933.jpg


  
 

c0112206_23105063.jpg


 
 〆は、↑で見えてる仏様の横で撮った記念写真。


c0112206_22484806.jpg

中央は現地ガイドさん。
親指立てて、ご機嫌デス。
 
 
つづく
 
 
 
 
ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
 
 
 
 
 
 
 
.
 
 
 
 


[PR]
by maybe_k | 2018-09-08 08:43 | おでかけ | Comments(0)

タイ⑥・・・アユタヤへ

8月4日(土)、2日目です。
就寝できたのが2時、起床が5:30、ホテル出発7:00です。

アユヤタまでは1時間30分が目安。
市内から外れるので渋滞は皆無で安心。

バスの中から見える風景。

c0112206_23003601.jpg

 
 

c0112206_23004961.jpg

 
 

c0112206_23011923.jpg

 
  
ここで、タイ名物『ド派手なバス』発見!

c0112206_23051835.jpg


観光バスではないのです。
アウタヤなどの工場地域への従業員送迎バスです。
休日(タイの工場は土曜は休日)は送迎がないので
観光に貸し出しされるのだそう。
 
見た目の派手さに加え、ステレオ装備、カラオケ装備など
人員確保のために、あの手この手で差別化を図って企業の魅力をアピールしているんだって。
 この日も大音響でズンズン言わせて走るバス、多かったです。
(窓閉めてても通りすがりに聞こえるのデス!)
 
********************************* 
 
さて、企業団地の入口に到着です。
アユタヤでの午前の工程は工場見学会なのでした。
遊んでばかりじゃないのです。笑

c0112206_22253023.jpg


c0112206_22325823.jpg

 
   
企業団地内の派手バスの駐車場。(地味バスもいますね)

c0112206_23053953.jpg

 
研修後はアユタヤの日本料理店『黒田』へ。
取った画像がボッケボケだったのでストリートビューの画像でご紹介。

c0112206_23261536.jpg

 

  
 webでしらべてみると、この黒田もアユタヤでは有名みたい。
なにもタイまで来て日本料理なんて・・・と文句はいうまい。

c0112206_23271319.jpg

 普段であれば、出されたものは残さないがポリシーなのだけど、
食欲が全くない。
唐揚げ1つ、巻き寿司1つ、茶わん蒸し一口でごちそうさま。 
  
頼んだ飲み物の「ベリースムージー」に専念です。

c0112206_23092449.jpg
 
 
日本のイメージで頼んだスムージーは、
びっくりサイズ!
高さ20cmほどのグラスに盛り上がってでてきました。
 
吸い込みにはかなりの肺活量が必要。笑
c0112206_23093701.jpg
 
  
像さんの絵がタイっぽい。
c0112206_23094276.jpg
 なんと!飲み干しに30分もかかりました。 
   
 
お店を後にするときにお土産として買った象さんキーホルダー。
c0112206_23160016.jpg
この先、まだまだお土産が買える場所があるハズ!と踏んで、
2個だけ購入。
 
惜しまず10個ほど買っておけばよかった・・・と後悔しております。
 
さて次からは、いよいよ観光地のお話となります。
興味ありましたら、この先もおつきあいくださいませ。
 
つづく 
 
 
 
 
 
 
 
.


 
 


[PR]
by maybe_k | 2018-09-03 23:21 | おでかけ | Comments(4)

滞在ホテルは『レンブラントホテル』

c0112206_13584214.jpg

 
大理石仕様のエレガントな外観。 
  

c0112206_13585329.jpg

 
   

c0112206_14001057.jpg

   
  専用トゥクトゥク。
乗ってみたかったけど、そんな時間的余裕のない工程でしたわ。

c0112206_14003002.jpg

  
  ロビー。
生けてある花はなんと本物。
アルメリア?とタニワタリ。
よい香りが漂っていました。

  
c0112206_14212441.jpg
 
客室。
2人1部屋。
私たちは12F。友人たちは20F。
最初に入るとき、入り口ドアの建付け?の悪い部屋にあたってしまい、
入れない・・と2人で大騒ぎしてしまいました。
結果、全力で体当たりするくらいのエネルギーが必要とわかりまして、無事入室。
c0112206_14220797.jpg
 
 
  
きれい♥
c0112206_14220152.jpg
 
  
アメニティー。
 
c0112206_14222048.jpg

 
 
c0112206_14221255.jpg

  

初日のモーング席
c0112206_14222718.jpg
 
ホテルバイキングは充実。
美味しい!
タイラーメン、ここで満喫。
c0112206_14012809.jpg
客層は西洋人が主。
 
 
文句なし!といいたいところでしたが
やはりお国柄?でしょうか。
 
2日目の夜、夜遅くクタクタになって部屋に戻ったら
ベッドメイキングがされておらず、タオルの交換も一切合切なし。 
 
 
添乗員さんにフロントに言ってもらいましたが
もうメイキング担当はいないのでできません、とさ。
100歩譲ってタオルだけは新しいものをもらいました。
 
 3日目の夜、ドキドキして部屋にもどったら
ベッドメイキングはされていたけど、
なにかと中途半端な清掃。笑
 
 
別部屋の人は、バスタオルだけ交換し忘れ。
トイレットペーパーが切れたまま、とか 
バスローブは使ったハズのものがハンガーで掛けられていた、とか。  
そんな中、私たちの部屋のメイキングなしが、今回はナンバーワン!と認定されました。

懸念のシャワーの水圧は、想定通りかなり低かったです。
それもこれも、日本のレベルが高いから気になるだけのことかと。
ベッドメイキング以外、問題ナシ!のよいホテルでした。 
 
 
 つづく
 
 
 
 
.

[PR]
by maybe_k | 2018-09-02 14:47 | おでかけ | Comments(0)

帰国後知った、『バンコクで一番タイスキが美味しい店。コカレストラン。』
到着はタイ時刻20:30
やはりほぼ30分近くの徒歩移動でした。
 
薄暗いお店の3Fへ。
エレベータなどなく、階段。
お店全体が暗くて静かで、他のお客様は皆無。
有名なお店とも知らず、「この店、うさんくさくないのか?」と失礼な第一印象。
 
 
とにかく早く何か飲ませて!笑
 

で、いきなり『タイスキ』
c0112206_09091897.jpg
乾杯のウーロン茶を飲み干してからは
ここぞとばかりに・・・
 
最初はオレンジジュース
感動の味を想像してたけど、ごく普通のオレンジ。
でも添えてあるミカン(オレンジじゃない)は、抜群においしかった!
c0112206_18073744.jpg
 
 
続いてココナッツジュース。
長いスプーンとストローが添えられ・・・スプーンは何のため?
c0112206_18074249.jpg
聞くのも面倒なので、とにかく飲んじゃえ♥
甘いのかと思ったら、サッパリ系で飲みやすい!
  
後で知ったこと。
上のとんがって口があいているところ、
そこを、ガバっと手で取っちゃうのだそう。
そしてスプーンは実をえぐる用なんだって。
 
まだ飲みます。
南国でのむべきジュースはウォータメロン(すいか)。
c0112206_18074739.jpg

当然うまし!!
 
 
タイスキは器が空くとお店の人が次から次に足すので危険。
そろそろ〆の雑炊かな、と器を殻にしたらタイスキをもりもり入れられ
おーまいがー!
 
 
とにも角にも楽しい~~~
  
タイ時刻22:15閉会 
c0112206_10170511.jpg
COCAと確信できた証拠写真 

c0112206_10173982.jpg
 
 さぁ、また歩くわよ~!
嘘です。笑
バスは私たちを降ろしてから、方向転換しホテルへ向かったので 
BTSを使って帰ることになりました。
嬉し~~~~!!
渋滞トラブルが無かったら、BTSに乗る経験もできなかったはず。
  
 
サイアム駅ホーム。
タイの人、観光客でごった返しています。
はぐれたら、一貫の終わりだ!!
c0112206_10215408.jpg
満員でやってくるBTS。
乗ったもの勝ち。笑
 
一度に全員は絶対にむりなので、分散して乗る。
4つめの駅(スクンビット)で降りること。
あとは自己責任。ひ~~
  
   
降りるときには「sorry、sorry」
先に降りた外国人のマネ。ぷぷぷ。
 
 
スクンビットの目しるしは、ターミナル21。
時間通りで事が進めば、今夜はここに繰り出す予定だった場所。
閉店が22時なので、とうに終わっているから入れもしません。
c0112206_10222463.jpg
 
スクンビット駅から徒歩10~15分の徒歩移動。
 
このとき、私たちのバス発見!
私たちを下した地点からホテルまで、2時間以上かかったのね・・・。
えらいこっちゃ。
 
 
c0112206_10225497.jpg
ホテル到着
タイ時刻23時05分。
 
これぞ、まさに「お疲れ様でした~~~~~」
 
 
つづく
 
COCA→https://runbkk.net/coka-restaurant/

ターミナル21→https://runbkk.net/terminal-21/
 
   
 
 
 
 
.





[PR]
by maybe_k | 2018-09-02 10:46 | おでかけ | Comments(0)

庭いじりが大好きな週末ガーデナー「しゅう」の植物との日々を綴ったブログです。


by maybe_k