natural garden~       shueの庭いじりと日々の覚書き

shuemay.exblog.jp
ブログトップ

タイ⑫・・・ダムナンサドワク水上マーケット

8月5日、午前のメインは
ダムナンサドワク水上マーケット!!
  
運河を上っていくための船着き場に到着です。
ホンモノサイズの象さん『模型』がお出迎え。
c0112206_23223376.jpg

 
わたしたちの乗る、小型ボートがやって来ました。
屋根ありタイプのお船です。
c0112206_23224494.jpg
 
 
乗り込んで、いざ出発~~!! 
c0112206_23225681.jpg
  
 
おお、ココナッツ!!
c0112206_23233413.jpg
 
 
 
運河自体は穏やか。
でも、お舟お舟ですからね。
揺れますよ~~~
c0112206_23230850.jpg
 
 
川沿いは生活の場。
c0112206_23232068.jpg
 
 
お花を飾っている家もある。 
c0112206_05400738.jpg
  
  
 
デッキを設けている家もある。
c0112206_05410309.jpg
  
 
 
でも・・・雨季は浸水するんだろうなぁ。
c0112206_05444367.jpg
 
 
  
  川幅のある場所はそこそこ波だち、ちょっと怖い。
けど、興奮してるから遊園地のアトラクションなみに楽しい!!
c0112206_05443580.jpg
 
  
あまり深くないのか、ときどきゴツンと船底に衝撃が。  
c0112206_05442660.jpg
 
 
 こんなご立派な家もある。(もしかしたらお店かホテルかも?)
c0112206_23235595.jpg
 
  
 ここでいきなりSTOP。
どうも「仏像を見なさい」、というスポットらしい。
この地域の寺院かな。
c0112206_23234352.jpg

 
 
   

c0112206_23232068.jpg
 
エンジンボートなので、ぶっ飛ばされます 。
スリルがあって、わーわーきゃーきゃー♥
c0112206_23251070.jpg
 
でも、気を付けなければならないことは、
アホみたいにお口を開けて喜んではいけないのです。
水しぶきがお口に入るかもしれません!!
 
 
見ての通り、見事な色の運河です。
日本では考えられません。
お口には常にタオルをあてておかないとね。笑 
   
 
ちょっと恐怖だったのは、至る場所に蛇の絵に
「コブラ」と書かれた看板があったこと。
 川の中にコブラがいるの?とびびりながら乗っていました。
万が一、落ちたら、
こんな汚い川だけでもイヤなのに、コブラまで・・・?
 
ガイドさんが乗っていないので、たしかめようがなく。
  
 
いろいろ想像しつつも、マーケットまでの約30分の船旅は愉快、愉快。
  
 
 
およよ。
そろそろ目的地なのか、お船同士が近くなってきました。
c0112206_23243801.jpg
 
 
わーい!!マーケットがみえてキター!
c0112206_23242030.jpg

 
 
おおおー!!
これぞ、土産の宝庫ぢゃっ!(興奮MAX!)
c0112206_23244894.jpg

 
 船の渋滞の始まり~~~込み合ってきましたよぉ。
 
(エンジンの廃棄ガス、臭いですぅ)
c0112206_23243112.jpg
 

  
 
運河でも大渋滞。
隣の船と完全接触!
c0112206_23245811.jpg

お舟に乗るときの注意事項!
お船の縁を持ってはいけません。
手はお船の中に入れておくこと。
さもないと、こういう接触時に指がチョン!となっちゃうことがあるのです。
 
 
c0112206_23252673.jpg
 
船頭さんたちの激しい小競り合いもあり~~。
(何を言っているのかわからないけど)
我先に!と他所の船を押したり蹴ったり。
船降り場の運が交差点、渋滞、喧噪、異国感たっぷり!
 
 
私たちの乗ったお船の船頭さん、
なかなか前に進めません。
気が弱いのか、と思いきや、女の船頭さんだったらしく(後で知る)
立場が弱いみたいです。
 
ガンバレ!タイ女性!!
 
 
我先に・・・というのは、お客を降ろしてから
また船着き場に戻って次のお客さんを乗せるため。
たくさんこなせばそれだけ収入になるからね。
みんな必死なのですよ。
 
  
c0112206_23254049.jpg

  
  
  
お舟から降りて、大渋滞の現場を撮影。
私たちのといは、もーっとたくさんのお船が交差してました。
c0112206_23262424.jpg

 四方ともにこんな状態。
 
c0112206_23263472.jpg

 
さぁ、待ちに待った観光time!
 
現地で必ず食べてくるように!と言われていたフルーツを!
ガイドさんが頼んでくれました。

c0112206_23265359.jpg

 
 ああ、肝心のドリアンを食べてしまってから撮影。

c0112206_23271655.jpg


ドリアンは息をしないで食べるとおいしい♥
左の赤いもじゃもじゃはランブータン?
まん中がマンゴスチン?、一番右側はポポーだったはず。
 
1トレー250バーツ。
4人で分け分けして、ちょうどいい量でした。
(冷たくないのが残念だけど、タイでたべた♥ということが大事。
 
 
そしていよいよお店巡り。
しかし、しかし、しかし。
ここはなかなか恐ろしいところでございました。
 
見てると叔母さんが寄ってきて、
買え、買え、買え、の猛攻撃。
ノーといって立ち去ろうとすると、先回りして進路をふさいで
買いくらなら買う?と超ひつこい。 
(ちなみに日本語で)
 
それでもいらない、といって去ると、後方から罵声。
すんごい迫力なのです。
 
そんなものだから、そそられる雑貨屋さんがたくさんあったのに
友が皆スタコラサッサ。
 
私はどうしても象の置物が欲しくて
つい、立ち止まって見てしまったが最後。
四方から子供や叔母さんが電卓を持って取り囲まれてしまい、
ノーノーといっても食い下がってくるし、
挙句に小さな子供が涙目で訴えてくるし。
 
どうしようもなくて、適当につかんだ象さんがコレ。
c0112206_23393393.jpg
 
可愛いからいいんだけどさ。
もっと楽しく選びたかったわ。 
 
ほかにも好みのものがたくさんあるエリアだっただけに
すんごく残念。
 
そうこうしてると、先に行ってしまった友が
私が来ないものだから心配して探しに来てくれました。
なんとなく危険漂う空間だったわー。
 
 
そしてこの店並みをでたところで、
運河でみた「コブラ」の意味が分かったのでした。
それは「コブラ」ではなく
ニシキヘビのショウ。
 
黄色と普通のニシキヘビを体に巻く男の人が
おいで、おいでするのです。笑
さすがに見ることは平気でも、自分の体に巻くなんてことはできまへん!
 
 でも、黄色のニシキヘビ。
初めてみたので、ちょっと感激。
(友人は蛇嫌いで、泣いてしまったけれど)
 
 
と、せっかくのショッピングタイムは
全く写真がありません。
買ったのも「象」さん1つ。
 
ちょっぴり残念なマーケット巡りでした。
(心残りがあると、リベンジしたくなりますね~~~)
  
  
  
  
  
 
 
 .


[PR]
by maybe_k | 2018-10-06 00:01 | おでかけ | Comments(0)

庭いじりが大好きな週末ガーデナー「しゅう」の植物との日々を綴ったブログです。


by maybe_k